流入アクセスと検索エンジン比率

 

検索エンジン対策(SEO)はアダルトアフィリエイトでも大事な事ですが、皆さんのアダルトサイトのグーグル、ヤフー、bingの流入数比率はどんな割合ですか?

 

 

日本での検索エンジンの比率は
グーグル 60~70%
ヤフー  25~35%
bing   3%
その他  数%

と言われています。

 

(私の中では、ヤフーかbingを検索トップで使うので、グーグル60%に違和感を感じるのですが)

 

ヤフーはグーグルの検索エンジンの検索エンジンを採用しているので、実質日本の97%近くはグーグルの検索エンジン頼みになります。実際私のサイトのアクセスの大半は、グーグルかヤフー経由かリピーターです。

 

なので、アダルトアフィリエイトサイトの各検索順位を確認する時は、グーグルの順位さえ抑えておけば良いのですが、サイトによってはbingからのアクセス数もそれなりのサイトがあったりします。↓

 

調べてみるとグーグルではまったく検索上位出来ていないけど、bingでは検索上位出来ているキーワードがありそこから流入があるようです。

 

あくまで国内シェアの3%ですし、検索一位になったとしてもさしてアクセスが増えるわけではありません。

 

しかもbingのSEO対策については、情報がまったく出回ってはいないので、あまり意識してなにかをする必要もありませんが、ヨーロッパではグーグルが排斥されていたり、普及の端末媒体によってはマイクロソフト社のbingが拡大してきていたりで、世界的なbingのシェアは10%位に拡大してきているそうです。

 

そして、米国では30%超に達しているという。

 

頭の片隅には置いておきたい情報ですね。

 

アフィリエイトでキーワードをズラす人は賢い人。

今日はアダルトアフィリエイトの【アクセスUP】についての記事です。

 

 

前回はフェチジャンルの深掘りという方法でリピート率UP、アクセスUPを狙う方法でしたが、今日はキーワードをズラすという方法をお教えします。

 

この方法を教えるのに最適な例。↓

例えば女優さんに、『天使もえ』と言う天使のルックスで非常に綺麗で有名な女優さんがいます。

 

 

皆さんはこの女優名をひらがなで読めますか?

 

 

『天使もえ』の女優名をひらがなで読むと、『てんし もえ』ではなく、『あまつか もえ』と読むんです。

 

 

まさかの音読み。

 

 

普通『てんし もえ』と読むと思います。顔が天使ですし。

 

 

でも、ここが、女優名の検索アクセスで狙い目になります。

 

 

普通の人がこの天使もえの作品を検索する時は、『天使もえ ●●』と検索しますが、同時に『天使萌え ●●』とか『あまつかもえ ●●』とかの検索もあります。

 

 

そして一定数は『てんしもえ ●●』と間違え検索します。

 

 

てんしもえで記事を作っているアフィリエイトサイトを作っておけばライバルが不在なのでアクセスを拾うことが出来ます。

 

 

そもそも、有名な女優さんなので、検索アクセスも膨大なので勘違いのアクセスもかなりの数になります。

 

 

ただ、天使もえさんの場合は、この名前の妙が有名すぎるのでライバルも逆にいるかもしれませんが、スタンダードな女優さんでもこの様な微妙な女優名の間違いによる検索ニーズ、アクセスに沿ったキーワードで記事を作っていくと結構アクセスは拾ていきます。

 

 

私は全女優さんの名前で、コツコツと記事入れを続けているサイトが一つありますが、キーワードの打ち間違い、勘違いアクセスを狙える時は女優名をあえてズラして記事入れします。

 

 

ブラックなSEOではないけど、賢くアクセスを集めようよというのが私の考えですので。

 

 

ただ、注意が必要なのがグーグルの方でも当然こういった勘違いの検索打ち込みの検索結果を補正する動きはあります。

 

 

例えば、『てんし もえ』と検索をかけて、検索結果の検索窓下に、【天使もえで検索しています。】と表示される様になっていれば、それはグーグルが打ち間違いだと認識しており、検索の補正がかけられている事になります。

 

 

ただ、基本的に女優さんの検索で、その検索補正が掛かっているのでは今まで見たことがありません。

 

 

あくまで、もっと大きなキーワードに関してのグーグルのAIによる検索補正と考えられます。

 

 

さて、今回は女優名でしたが、フェチジャンルや一般アフィリエイトにおいてもこのキーワードのズラしは有効なグレーなSEOですので、意識してみてください。

アフィリエイトジャンルの深掘りと偶発性

私のブログやメルマガに届くお問い合わせの中で、フェチサイトにもっとアクセスを増やしたいという声があります。

 

フェチジャンルで記事更新しているけど、思うようにアクセスが上がらないという声です。今回は、その解決の一助になれば。という記事です。

 

まず、アクセスが来ない悩みを二つに分けると、アクセスが0の状態と、アクセスが少ない状態に分けられます。

 

アクセスが0の状態であれば、
・文章量が少ない。
・独自ドメインでまだグーグルからドメイン自体を認識して貰っていない。
という問題なので今回は除外します。

 

 

あくまでアクセスはあるけど思いの外少ない。もっと増やしたい時の対応方法です。

 

 

この場合は、
1.記事数を増やす。
2.1記事の文章量を増やす。
3.ブログを水平展開する。
4.リピートアクセスを増やす
というやり方があります。

 

上記の1~3つについては、イメージしやすいと思うのでこれも割愛します。

 

 

もし、1~3も深堀りしてほしいという要望があれば、お問い合わせより連絡下さいね。

 

 

今回はリピートアクセス増加を狙ったアクセスUP方法を説明します。

 

 

リピートアクセスはマニアックなフェチジャンルサイトであれば増加傾向にあります。サイトとして希少、レアなのでリピートアクセスも来やすいです。

 

 

私の保持するサイトのアクセス解析データからも見て取れます。

 

 

アクセス解析でリピート率が30%位であればかなり優秀20%位で優秀10%位で

 

 

私は40%位のサイトがひとつあります。
後は10%とか20%台のサイト群です。

 

 

リピート数が20%を越えると、アクセス数が比較的伸びやすくなりますので、サイトのジャンルによってはアクセスUPの為に、リピート数UPの施策を施しても良いと思います。

 

 

私のフェチジャンル選定の方法は、DUGAの検索キーワードランキングから選ぶ事を推奨していますが、
分からなければコチラの記事参照

 

 

リピートアクセスが低いのであれば、もう一つフェチジャンルを掘り下げる事を推奨します。

「熟女」でサイトを作るより、
「50代熟女」とか。

「ア●ル」であれば、
「ア●ル●ナ●ー」とか。

マニアックであれば有るほど、リピートに繋がります。

 

 

ただ、この際に気をつけ無いと行けないのがフェチジャンルを掘り下げてマニアックにしすぎると元々の需要アクセスが少なくなると言う点。逆にポピュラー過ぎると、リピートアクセスが増えず、ライバルサイトも多くなりそれはそれでアクセスが集まらない。

 

 

この2つの間の丁度良い加減が稼げるフェチジャンルになります。

 

 

例えば「熟女レ●」だとカテゴリーが少し少し大きいですが、
ギリ行けそうな感じ。

「50代熟女レ●」だと、作品も需要も少なく絞り過ぎに感じる。

 

 

正直、私もそういったフェチカテゴリーを意図的に探しはしましたが、サイトの数を作っていく中で四者選択していく中で偶発的に良い感じのサイトが残ったという状態なので、感覚の要素というか運の要素も多聞にあります。

 

 

それでも、フェチジャンルの一段の掘り下げは、リピートアクセスUPには効果的ですので、自身の運営するサイトでも上手く深掘り出来そうなジャンルがあれば検討して見てください。