アダルト検索キーワードが拾えない時代が来るのか?

アダルト検索キーワードが拾えない時代が来るのか?
グーグルの検索ワードが表記されない

 

 

別のブログに記載した内容ですが、アダルトアフィリエイトにもそれこそ適用される内容なので、こちらのブログにも記載します。

 

 

 

管理人はアクセス解析は、忍者アナライザーを用いております。(^_^)

 

 

 

結構前に気づいた事ですが、忍者アナライザーで流入検索ワードを確認すると、ほぼ全てヤフー検索となっており、グーグルからのキーワード検索は皆無でした。

 

 

 

一応ヤフー検索といってもグーグル検索エンジンを導入しており、ヤフー検索順位もグーグル検索順位も同じだとは理解しつつも、私のサイトはヤフー検索からアクセスがあるのだと思っていたのですが、どうもそうではないようです。

 

流入元をみてみるとしっかりとsearch.yahoo.co.jpと同じ量くらいwww.google.co.jpでの流入もあるからです。

 

 

 

 

 

どうやら現在(といっても2013年頃から)グーグル検索の検索キーワードはアクセス解析では取得出来なくなっているようです。

 

 

 

技術的な事を言うとグーグルがすべてのGoogle検索をHTTPSでの接続つまりSSL検索を利用するように仕様を変更した事が原因のようです。

 

 

 

 

SSL検索が適用されたトラフィックでは、アクセス解析ツールでのGoogleのオーガニック検索からの検索キーワードの取得が不可能になります。

 

 

 

 

私も完全にこの意味を完全に理解しているわけでは有りませんが、もっと噛み砕いて言うと、現在のグーグルではhttp://www.google.co.jp/ のようにhttp:// で始まるURLでGoogle検索にアクセスしても、https:// で始まるURLに強制的にリダイレクトされるように意図的になっているようで、これが検索キーワードを取得出来なくしているようです。

 

 

 

グーグルの目的が検索ワードを取得されないが為の仕様なのかは良くわかりませんが、この仕様は今後も変わる事はない事です。

 

 

 

ヤフー検索の検索ワードも同様に取得できなくなる日はくるのでしょうか?

 

 

 

 

中級者レベルのアフィリエイターにとっては、この検索ワードというのは重要なファクターですので、ちょっと心配ですね(-_-;)

 

 

 

転記ここまで
—————————————-

アフィリエイトにおいて  生の検索流入ワード  を知ると言う事は、非常に大事な事だと管理人は思います。

 

 

 

ビックキーワードはライバルが多くて、上位表示できずにアクセスも微々。

 

 

スモールキーワードは検索ニーズが少なくて、アクセスは微々。

 

 

 

なので、

 

 

 

検索ニーズが高く、ライバルがゆるい。ミドルキーワードで上位表示を目指すという戦略が今は有効なのかなと感じているからです。(ミドルキーワードを感覚的に知るには生の検索流入ワードを知る事が大事)

 

 

 

なので、この検索ワードが拾えないというのはかなり痛手になると思います。

 

 

 

最近グーグルキーワードプランナーでも、仕様の変更があったらしく、以前までは、こんな形で↓
%e3%82%a2%e3%83%80%e3%83%ab%e3%83%88%e3%82%a2%e3%83%95%e3%82%a3%e3%83%aa%e3%82%a8%e3%82%a4%e3%83%88%e3%80%80%e3%82%b0%e3%83%bc%e3%82%b0%e3%83%ab

 

 

 

 

 

 

検索回数を調べると月ごとの検索数が表示されていたのですが、最近ではこんな形で↓

 

 

 

%e3%82%a2%e3%83%80%e3%83%ab%e3%83%88%e3%82%a2%e3%83%95%e3%82%a3%e3%83%aa%e3%82%a8%e3%82%a4%e3%83%88%e3%80%80%e6%a4%9c%e7%b4%a2%e3%82%ad%e3%83%bc%e3%83%af%e3%83%bc%e3%83%89

 

 

 

ある一定期間での検索数の上限と下限しか表示されない仕様になっています。

 

 

 

管理人的にはこれは、仕様変更前のデータよりかなり見にくい感じになっています。

 

 

 

 

近い将来、検索キーワードが完全に拾えなくなる前に今の内に、需要やニーズをしっかりと把握しておきたい所です。

 

 

 

 

メルマガ会員専用【7つのシークレットコンテンツ】

●ビジネスの原理原則=アフィリエイトの原理原則

 

ビジネスの売り上げは、LD(見込み顧客数)×CV(成約率)×LTV(生涯顧客価値)で表されます。経営者はこの数字のみを追いかけます。

 

そして、アフィリエイトで考えると、アクセス数×成約率×報酬単価=総報酬

 

アフィリエイトについてはこの3つの数字だけ追っていくだけで良いのです。自分に取って一番弱い部分を、高めていくとで収入を効率的に上げていく事が出来ます。

 

【7つのシークレットコンテンツ】

●DMMアフィリエイトは報酬単価(LTV)が低くなりがちなので報酬単価の高い(安定的に低くならない)もののみアフィリエイトする。
①DMMアフィリエイトで報酬単価が高いレーベル

 

●APEXアフィリエイトを主体で主体でする場合には、成約率(CV)を高める為に、DMMでは取り扱っていない商品、レーベル、カテゴリーを取り扱う事。DMMにあるのであればDUGAでは買われにくい。逆にDMMでなければ買われやすい)
②DMMになくてDUGAにしかないコンテンツ集

 

●アダルトアフィリエイトで月30万を狙うためにはどうしてもアクセス数(LD)がいります。ある施策をする事でアクセス数を爆発的に増やして報酬を次のステージに引き上げます。
③アダルトアフィリエイトで安定的に月収30万を狙う方法。

 

●(LD)と(CV)を増やす為のキーワード分析ツール。検索ボリュームが多く、ライバルが緩いキーワードが分かればアクセスはいくらでも上すことが出来ますし、マニアックなキーワードほどコアなファンが多く、動画も出回ってないので成約率が高くなりますし、ある程度記事更新が出来ていれば後は、キーワード分析に力を入れましょう。分析ツールは無料で使えて鉄板の分析ツールがあります。

④アダルトアフィリエイト用検索キーワード分析ツール【黄金ツール】

 

●アフィリエイトの世界に数年居ますが、被リンクの効果というは私の中では結構懐疑的です。それでも私がやっていた簡単にできる被リンクを簡単にアフィリエイトサイトに集める方法です。

⑤アフィリエイトサイトの被リンクを大量に自然に増やす方法

 

●私が実践していた記事更新の手間を1分程度に短縮出来る裏技です。(記事コンテンツを無限に無料で手に入れる方法)、ブラックなSEO手法ですが、アダルトアフィリエイトにおいては有効でした。2018年においても一定の有効性はありますが、必要に応じて使う位に止めておきましょう。(アフィリエイト記事更新の真の価値は①アクセスUP(価値低)②収益UP(価値低)③天然の分析ツールが手に入る(上位表示キーワード、アクセス数の物差し価値高)

⑥記事コンテンツを無限に無料で手に入れる方法

 

●(LTV)を上げる為にもっとも早い方法が報酬単価の高い海外のASP商品を比較サイトでまとめることです。そしてこの比較サイトに徹底的にアクセスを送る。(ライバルが多すぎて比較サイト単体では検索流入は期待できない。私も渾身のサイトを複数作りましたが、無理でした)なので、衛星サイトからアクセスをごっそり送る形)そして、そして(CV)と(LTV)が高い比較サイトを簡単に作る方法があります。そちらを解説↓

⑦比較サイトを簡単に作る方法

 

本当の情報収集をするという事。

玉石混合のネットビジネスの世界では本当の情報をいくら身につけることが出来るかがあなたの生涯収入を決める。世の中に方法はいくらでも出回っている。ただ、ネットビジネス、アフィリエイトに関する情報の真贋は難しい。まさに玉石混合。本当の情報とはまずは情報を元に行動してみて、その結果どんな情報を得られたか?(ここまでやってはじめて本当の情報が手に入る)

 

メルマガ登録して【7つのコンテンツ】を受け取る

 

コメントは受け付けていません。

私のプロフィールはコチラ

ご相談・お問い合わせはコチラ